スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そりゃもー大騒ぎ
2009年07月29日 (水) | 編集 |
ゆきのカラーを外しちゃいました。



カラーとれて


…へんなかっこ…


だけど、毛づくろいができなくて、
無理矢理カラーごとペロペロするもんだから、
傷をカラーでこすっちゃって。
かえって心配だし、可哀想だし。

病院からはカラー取っちゃイケマセンて言われてたんだけどね。


カラーもそんなに嫌がる訳ではなかったんだけど、
これもけっこうすんなりつけさせてくれました。



うれしー

ほら、爪とぎも思う存分。



食欲も戻ってきて、
動きは抑制されてるからスローだけど、
行動範囲も広くなったし、
元気になりました~。



そしたら~。



なんとなく本調子ではないせいか、
前みたいな近寄ったらピュ~って勢いがなくて、
人がそばに行ってもまったりと受け入れる仕草が。



あら?これは?

と思いつつ、
試しに、
乗せてみた。


したら!


だっこされる?

えっ?


逃げる?

ホント?


逃げないよ

いいの?


くつろいでる?

乗ってるよ、ベッタリ乗ってるよ~



いや~、なんと言ったらいいのか…

苦節6ヶ月…


いえ、ただ、弱ってるところにつけ込んだだけ
みたいなもんですけどね。

みんなが心配してるの、わかるんでしょうかね、
苦手なお父さんやお兄さんが手を伸ばしても、
満足そうに目を細めてたんですよ~。

可愛いヤツでした、やっぱ。




ところが。

その光景を目の当たりにしたみっとが

ブチ切れ

みんながゆきを取り囲む脇をすり抜け、
キャットタワーに駆け上り、
気づいたみんながあわてて
「みっと、みっと~」と呼んだら、


「ふしゃーーー!!!!」
とキバを剥いてジャンプ。


ぐれる

シッポが見えないほどの勢いで怒りまくり、
ゆきが膝から降りたあとも、
フーシャーフーシャー言いながら駆けずり回って、

…明らかに、嫉妬で、アドレナリン出しまくっている…


そのうえ、暗がりでいじけていたら、
お姉さんに足踏まれて

「うおっ!!!」


みっとにとっては身も心も痛い夜でありました。



ゆきが全快して、以前より甘える猫になったら、
みっととのバランスが…

と今からいらぬ心配をしてみる…

スポンサーサイト
テーマ:我が家の猫
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。